×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ストーリー


晴れの日は毎日森から楽器の音色が聴こえてきます。
でも、村人は聴こえないというのです。
それでも少女はずっと村人に言い続けてきました。

「誰かが、森の中で演奏しているんだよ!」


少女はフルートを持ち出して、森の中から聴こえてくる演奏に耳を傾けながら、
共に演奏をするのです。

勝手に歌詞をつけて歌も歌ったりします。
そんな毎日。

でも、母はそんな夢物語を信じてくれませんでした。
母だけではありません、村人も、この話に耳も傾けてくれません。
耳を傾けてくれる人物は親友ただ一人だけ。
でも、その親友だって、いつもどこかにお出かけにいってしまい1年に数回しか逢えないのです。
ある日のこと、母と喧嘩した少女は家を飛び出してしまいました。
行き場がなくなった少女はただ呆然としていました。
すると森から音楽が流れてきます。
少女は音楽に耳を傾けて、音の鳴る方へ足を運びました。


そして森の中で迷子になってしまったのです。

そんなとき、一人の少年が少女の前に現れたのです。

そう、ちょうど、太陽の光が森を照らし出していて、とっても広いところ。

森の広場と言われている場所で。


少年と少女は互いのことを知り、いつしか、互いを助けようと思うようになるのです。

自然と音楽を舞台とした、友情と絆の物語。